心療内科はあなたのハートをケアをする|心を救う架け橋

治療方法が新しい

診察

心療内科では近年、磁気刺激療法という方法で治療を行なうことが出来ます。この治療法は脳に電気を送り脳の働きを良くするもので、副作用は頭皮が多少痛くなるだけで我慢出来る程度です。今までの治療は抗うつ薬を服用して行なうものばかりでしたが、磁気刺激療法があるお陰で抗うつ薬の副作用に苦しんでいる方も、気軽な治療を受けることが出来るようになりました。抗うつ薬の副作用は数十種類もあり吐き気や頭痛などを引き起こしてしまいました。副作用があると治療どころか嫌な思いをすることが多く、途中で治療を辞めてしまった方もいるでしょう。しかし、途中で治療を辞めてしまうと病を完治させることが出来ません。継続的に治療を行わなければストレスは溜まっていき、症状は悪化していく一方です。継続的に治療を行なうことが出来るようにするためにも、磁気刺激療法で治療を進めていった方が良いでしょう。この方法が誕生してからは沢山の方が精神疾患を完治させることが出来るようになり、抗うつ薬で治療を受けたくないと思っている方は磁気刺激療法で治療を受けるようになりました。

磁気刺激療法を受ける前に大切なことがあります。それは、カウンセリングを受けることです。心療内科には必ずと言って良いほどカウンセリング時間が設けられます。磁気刺激療法を受けることが出来るのかもその時に知ることが出来るでしょう。頭の中に金属があっては磁気刺激療法を受けることが出来ず、他の治療方法を行っていきます。このようなことを判断するためにも、カウンセリングが必要になってくるのです。また、治療を受けようか悩んでいる方は、カウンセリングに相談をするのも良いでしょう。心療内科によっては医師だけでなく、カウンセラーもいるため心の悩みを打ち明けることが可能です。専門スタッフがいることであらゆる角度から、ストレスを取り除いていくことが出来るでしょう。カウンセラーへの相談は年中無休で行っているため、自分の都合が良い時間を見つけて相談をしましょう。予約をとるとスムーズにカウンセリングを始めることが出来ます。