心療内科はあなたのハートをケアをする|心を救う架け橋

心身症以外の治療

手でハート

心療内科では心身症などだけでなく、生理前の症状も診察してくれます。生理と聞くと通常産婦人科へ行くことを想像しますが、心療内科によっては生理の時の症状も診てくれるのです。生理前になると精神的に落ち込んだり、イライラすることがあります。そのような症状の原因はホルモンバランスの乱れが原因と言われています。このような症状のことを月経前症候群、略してPMSと言います。月経前症候群には沢山の症状があります、身体が浮腫んだり下腹部痛、身体がだるくなるなどの症状はもちろんのこと、怒りっぽくなったり不安感や孤独感が強くなったり精神的に不安定になります。また、集中力が続かなくなる、性欲が強くなる、失敗が増えるなどと行動にも変化があるのです。この月経前症候群の症状が悪化すると次に月経前不快気分障害を引き起こしてしまう可能性もあります。この症状を発症してしまうとうつ状態になり、死にたいと自殺を考えてしまうこともあります。そのため、月経前症候群の症状が強く薬を服用してもなかなか症状が改善されない方は、心療内科で治療を行い月経前不快気分障害にならないようにしましょう。月経前不快気分障害は世界保健機関からうつ病とされているため、心療内科で治療が出来るのです。セカンドオピニオンを受けることも出来れば、症状についての相談だけをすることも可能です。

最近は年齢が比較的に若い方でもうつ病になりやすくなっています。20代でもなる可能性が高く深刻化しています。特に受験生はうつ病になりやすいと言われています。学校はストレスを抱える場所であり、受験シーズンが始まると勉強い追い込まれるため、ストレスが悪化して大うつ病性障害などになってしまいます。引きこもりになったりすることもあるため、保護者がしっかりと寄り添ってあげなければなりません。1人で心療内科に行くのは困難なため、保護者が付いていってあげることが大切です。うつ病などの治療は理解者がいなければならなく、その人が休めるような環境作りをしなければなりません。心療内科へ通いながら、休めるような空間を作ることが出来るとより治療効果がアップします。心療内科には幅広い年齢層の方が通うことが可能です。小学生でもうつ病を発症してしまうことがあり、そういった子たちも心療内科で治療を受けながら、保護者がサポートをしています。医師と周囲の方の助けがあってこそ、しっかりと治療に専念出来るでしょう。診療内科ではあらゆる精神疾患の診察をしているため、精神的に落ち込む時間が長い方は一度診察をしてもらうことで、原因を突き止めることが出来ます。