心療内科はあなたのハートをケアをする|心を救う架け橋

検査で状態を調べる

ハート

人は誰でもストレスを抱えていますが、そのストレスがどんどん大きくなっていくと脳にまで負担をかけてしまうことになるのです。うつ病などは心の病気と言われることが多いですが、脳が原因で起こるとも言われているため、ストレスは解消した方が良いのです。心療内科へ通うとうつ病になる前に、治療を行なうことが出来ます。初期段階で止めることで心に掛かる負担も少ないため、早期に治療をした方が良いのでしょう。心療内科では心身症の治療を行なうことができ、うつ病の予防も可能です。最近自分の様子がおかしいと思った方は、心療内科へ通った方が良いでしょう。もしかすると、心身症の可能性があります。心身症はストレスが重なることで発症します。今まで普通に会社へ行って難なく人と関わることも出来たのに、心身症になると今まで出来たことが出来なくなってしまいます。そうならないためにも、心療内科の助けが必要になるのです。症状が酷くなるにつれて治療も時間がかかり、治療費も増していきます。軽いうちに治療をすることでスムーズに治療を進めることができ、費用の問題も減ります。また、精神的な負担も救われます。

心身症になると身体と心の両面から治療を行っていきます。まず、問診をしてどういった症状で悩んでいるのかをまとめます。そして、検査をしなければなりません。最近の治療方法で「光トポグラフィー」と言うものがあります。近赤外線を使用することで、血流がどのようになっているのかを知ることが出来ます。この光トポグラフィーではうつ病なのか双極性障害なのか様々な疾患を知ることが出来ます。問診と検査結果の内容を合わせて診断結果を出します。光トポグラフィーを利用するには予約をしなければなりません。検査と診察には3時間ほどの時間が必要になってくるため、時間に余裕がある時に予約をするようにしましょう。検査をしたあと時間に余裕があれば、そのまま治療に入ることも可能です。近年の心療内科は治療方法が増えてきているため、心の闇も回復することが出来るようになりました。自分では解決出来ない問題は、心療内科へ行きスッキリさせましょう。